人形ケース(兜入れ)を尾州檜で作る!オーダーでピッタリ寸法に!

人形ケース

人形や兜・大事な物を飾るのにピッタリとしたケースが欲しいと言われることがあります。

なかなか思った大きさの物は無いようです。

透明ガラスで回りは。覆っています。

それでは、人形ケース(兜入れ)を尾州檜で作る!オーダーでピッタリ寸法に!について紹介します。

人形ケース(兜入れ)を尾州檜で作る!オーダーでピッタリ寸法に!

今回の人形ケース(兜入れ)の説明

まずは、完成画像です。

今回のケースは、兜を入れるとのことですが、お孫さんに買った兜を入れるのになかなか入るケースがなく困っていたようです。

自分の考えるピッタリの物はなかなか存在しません。

 

実物は、確認していませんが、大きさは

450mm × 450mm × 450mm

で作れば調度いいとのことでした。

 

今回の作りは、両サイド・手前・天板は中の物が見えるように透明なガラスを使っています。

背中は、鏡が入り中の物を引き立てることでしょう。

 

材料は、最高級の尾州檜をつかっています。

ケースなので変な材料は使わず、木目が摘んだ尾州檜を使うのです。

見てもわかる通り、枠は細く作りますので案外面倒でもあります。

 

小さい物、細い物を作るには知識や技術が必要になることです。

人形ケース(兜入れ)を尾州檜で作る!

いつものことですが、仕事に集中すると画像を撮り忘れてしまうんです。(汗)

なので、こんな感じで作っていると思ってください。

 

基本的に木工は、プラモデルと同じことでパーツを作って組み立てればいいんです。

パーツは、自分で作らないといけないんですけどね。

 

見てもわかるようにビスは使っていません。

ビスが見えたら今回はかっこわるいですもんね。

飾り面を取りながらパーツをつくっていきます。

飾り面を取りながらパーツをつくっていきます。

 

 

こんな感じで作っています。

細いながらもホズを作ったりしています。

 

見える所は、ガラスなので取り扱いは注意しないといけません。

しっかりと、おじいちゃんおばあちゃんの所へ運んで終了です。

人形ケース(兜入れ)を作った材料、尾州檜とは?

日本を代表する木材で、希少な国産材と言われています。

長野県の南西部、木曽川上流の渓谷「木曾谷」に生育し、樹齢300年以上もの天然の桧は「尾州桧(ビシュウヒノキ)」または「木曽桧」と呼ばれます。

現在では長野県内であり「信州」に当たります。

歴史は尾張藩 織田信長の時代に、豊臣秀吉、徳川家康が尾張を統治し、そのころから木曽桧を献上していたため、尾張という名から、尾州桧と言われるようになったようです。

尾州桧は、大きくなるには遅く、長い年月が掛かりますので、年輪の幅が細かくつんで、木目が綺麗です。

これが天然の桧の特徴であり、造林材との違いでもあります。

木肌は滑らかで、香気と光沢に富み、美しい表面に仕上がります。

加工の際には狂いが少なく、高い強度、耐久性を誇ります。

人形ケース(兜入れ)を尾州檜で作る!オーダーでピッタリ寸法に!まとめ

今回は、人形ケース(兜入れ)を尾州檜で作る!オーダーでピッタリ寸法に!について紹介しました。

おじいちゃんおばあちゃん満足してくれて良かった^^。

 

\ お気軽にどうぞ 

☟ ☟ ☟

星野木工所:お問い合わせフォームはこちら!!

見積もりはお金はかかりません

オーダーで作るものなので、決して安い物ではありませんのでご了承下さい。
でも、大きさはピッタリサイズ・材質・機能性などご希望に答えていきます。^^

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました