富士市でキッチンオーダー家具を製作!杉材を使って最高の一品!

キッチン

富士市内のお宅でキッチンオーダー家具を製作しました。

築50年のお宅なので、新築の家とはちょっと違います。

杉の三層パネルを使って丈夫に作り最高の一品です。

紹介していきます。

富士市でキッチンオーダー家具を製作!

完成画像です。

杉材の三層パネルの材を使っています。

ここのお宅は、設計士さんが入り築50年の家をリフォームしました。

 

今よく使われている、クロスやベニヤを一切使わないお宅なのでこの先も長く使っていけるのではないでしょうか?

 

念のためお伝えしますが、木工所だけで作れるものでなく、電機屋さん・水道屋さん・ガス屋さんなどとの共同でなければ、出来ない物です。

 

基本的には、上のステンの流しに合わせて制作をしていきます。

工場で作り、現場にて組み立てをしていきます。

現場合わせで作っていますので、綺麗に収まっていきます。

ここにステンの流しを取り付けます。

しっかりとステンを固定し、水道・ガスをつけてもらい完成です。

取っ手も拘りを持ちながら決めて頂きました。

築50年の家にぴったりのキッチンの出来上がりです。

富士市でキッチンオーダー家具杉材を使って最高の一品!

杉三層パネルとは

厚さ12ミリの挽板を3層にクロスした国産材パネル。
繊維方向を直交させることにより、幅方向と長さ方向の強度性能を均一にさせるとともに、幅方向の寸法安定性を飛躍的に高めています。
無垢材の良いところと、合板の良いところを兼ね備えた材料と言えます。

建築基準法での壁倍率として、2.5倍(構造用合板仕様同等)が得られます。
抜け節があるところには埋め木をしています。(抜け節補修片面、両面)
日本の山では第二次世界大戦後多くの山で植林が行われましたが、その約7割は杉材。
初期に植林された杉は今では50年生ほどになり立派な柱として使えるまでに生長しています。
このため国産杉材が安定して供給できるようになり、価格も下がり、安定しています。
桧三層パネルよりも節が多いです。

引用元:eko moku

節が多いですが、見える所は無節にしてあります。

柿しぶを塗ってあるので、防腐作用や防水機能も有すると思います。

富士市でキッチンオーダー家具を製作!杉材を使って最高の一品!まとめ

今回は、富士市でキッチンオーダー家具を製作!杉材を使って最高の一品!について紹介しました。

杉を使ったキッチンは、かっこよく出来ています。

既製品と違って、深みのある温かい感じです。

読んで頂きありがとうございます。

 

\ お気軽にどうぞ 

☟ ☟ ☟

星野木工所:お問い合わせフォームはこちら!!

見積もりはお金はかかりません

オーダーで作るものなので、決して安い物ではありませんのでご了承下さい。
でも、大きさはピッタリサイズ・材質・機能性などご希望に答えていきます。^^

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました